ヘアカラー

このページではヘアカラーについての専門的なことをお伝えしています。

一般的にヘアカラーと言うと、髪を明るくしたり、色を変えたりすることができるというメリットがありますが、その一方でデメリットもあります。

それは髪への負担が大きいことです。

しかし、ロンロのヘアカラーは独自のカラー技術でキレイに染めつつ負担も最小限に抑えることができます。オリジナルブレンドから作られるカラー技術によって染める前よりも、色はもちろんのこと手触りや状態が良くなります。

さらに必要な栄養を補うため、やわらかくツヤと弾力のある髪に仕上がります。

ロンロのヘアカラーでは、独自技術によって髪のpH(ペーハー)を調節するオリジナルの施術になっていて、ストレートをかけたとは思えないほど、ナチュラルで自然な仕上がりだけでなく、髪を傷みもほとんど感じることなくできます。

求める仕上がりに合わせて「自然なナチュラル仕上げ」や、すぐ色がとれてしまう人には濃く調整することもできます。

お客様の髪質とご要望に応じて仕上がりを調節するのがポイントです。

ヘアカラーはこんな方におすすめ

ロンロのヘアカラーはこんな髪の悩みを解決します。

すぐに「色」がとれてしまう人

度重なるカラーによって、褪色しやすくなっている人の髪は、水分の流出率が高くなっています。同時に染料を定着させる力が弱まっています。

染める前には髪の流出防止&定着率を上げるように調節して、すぐに色が取れてしまうという悩みも改善することができます。

「ダメージ」が気になる人

さらに、髪に足りない栄養補給も同時にすることができるため、蓄積されたダメージはもちろんのこと、これからのカラーのダメージの負担を最小限にします。

「ツヤ」や「潤い」が欲しい人

ツヤが出づらい髪質の原因には、枝毛や蓄積されたダメージがあります。髪に必要な有効成分を補給しながらのカラーによってツヤと潤いのある髪に仕上がります。

さらにカラーの邪魔をすることはないどころか効果を引き上げてくれるので、染まりづらい人の髪にもおすすめ。

ロンロのこだわり

一般的なヘアカラーとは異なる、ロンロのこだわりをお伝えします。

髪の状態を整えつつの施術

ロンロでは独自施術を行います。

具体的には髪に滞在するpH(ペーハー)を調節して、髪のダメージが気になる場合には栄養を補給しつつ施術をすることができます。そのため髪の状態や髪質に合わせて施術をすることができます。

ダメージが気になる人にも施術をすることができます。あなたのわがままを叶うためにロンロでは技術を磨いています。

髪への負担は最小限に

カラー剤自体も厳選しているので、負担も少ないので蓄積されるダメージ部分にも優しいです。色を染めながらも美しなるカラー技術によって、ヘアカラーなのにトリートメント感覚で施術することができます。

ロンロでは必要以上に髪への負担はかけません。

ヘアカラーに関するQ&A

染めると痒くなるのですが…

A

はじめは軽度であっても重症化する可能性もあるため、よく考えてするようにしてください。

いくつかの対策としては、

  • できるだけサロンカラーをする
  • 違和感を感じたら美容師に相談する
  • ヘアカラーをやめる
  • 病院に行く

症状の大きさにもよりますが、こんな感じになるはず。まずは美容室に行き、相談するのが確実です。

どれくらいの間隔(かんかく)でカラーをすべき?

A

もともとの染める「目的によって異なる」のですが、だいたい2〜3ヶ月で染めることをおすすめします。

これは全体的なバランスを考慮しています。

色自体をキレイにする、白髪をキレイに染める、経済的に楽にしたい、などなど染める目的別にまとめていますので記事を参考にしてください。